結婚生活を円満に送るコツを教えてください。(前編)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相手への感謝を忘れず、こまめに伝えること


大恋愛の末に結婚した夫婦であっても、長年一緒にいると少しずつ相手のありがたみが薄れてくるものです。

稼いでくれて当たり前、休日は家族サービスをしてくれて当たり前…これでは、毎日家族のために頑張っている旦那様もがっかりしてしまいます。

どんな小さなことでもいいので、恥ずかしがらずに「ありがとう」を伝えるクセをつけるようにしましょう。

(大きい声では言えませんが)旦那様を上手におだててうまく操縦するのも、賢い妻として必要なスキルのひとつです。

 

 

相手の長所を積極的に見つける努力をすること


夫の給料がなかなか上がらない…結婚前はスリムだった夫も、気づけばオジサン体型になっちゃった…

夫婦間に限ったことではありませんが、どうしても相手の短所は目に付きやすいもの。

でも、イヤな相手と過ごしていると思うとあなた本人も不幸になってしまいます。

相手の短所が目に付いたら…「(お給料は多くないけれど)夫は家族を大切にしてくれる」「(中年体型になっちゃったけど)夫は今でも変わらず私を大事にしてくれる」というふうに、相手の短所ひとつにつきそれを補う長所をひとつ(あるいは2つ以上)見つけるようにしてみましょう。

 

 

事務的な伝達だけで終わらず、夫婦の会話をもっと大事にしましょう


子供のこと、お金のこと、今晩の夕飯のこと…一緒に生活していると、伝えるべきこともたくさんありますね。

でも、忙しさにかまけて毎日の会話が事務的な伝達ばかりになっていませんか?そう、あなたがたは仕事仲間ではなく夫婦なのです。

子供が寝たあとや休日の午後など、ゆっくりできる時間をつくって夫婦の会話を楽しみましょう。

このとき、片方がマシンガントークをしてもう片方が相槌だけになってしまってはいけません。お互いに会話のキャッチボールを意識しましょう。

結婚生活を円満に送るコツを教えてください。(後編)へつづく

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る