結婚生活について、つい他人と比較してしまいます。

taninnhikaku4

隣の芝生は青く見えてしまうもの


男の人に比べて、女の人は似たような環境の人が集まりやすいものです。「ママ友」などがいい例ですね。

同じような環境の人があつまると、小さな違いが目立ちやすくなります。

例えば旦那さんのお仕事内容や年収、子供の有無、身につけているもの、専業主婦か兼業主婦かetc…

自分の状況と他人の状況を比べて、どうしても他人の羨ましい点が目についてしまうのはある意味仕方ないことかもしれません。

 

 

一見幸せそうな人も、あなたにはわからない悩みを抱えているかも


とはいえ、悩みの形は人それぞれ。

一見何不自由なく過ごしてはるように見える人も、わざわざ自分のコンプレックスを話題にしたくなくて黙ってはるだけかもしれません。

かわいい子供に恵まれて幸せそうに見えるあの人は、育児と家事に追われてストレスを抱えてはるかもしれへん…

のんびり専業主婦生活を満喫してはるように見えるあの人は、実は働きたくても働けん事情があるんかもしれへん…

旦那さんの年収が高いあの人は、もしかしたら旦那さんが忙しすぎて寂しい毎日を送ってはるかもしれへん…

他人の不幸をあげつらうためではなく、自分が今持っている幸せを再確認するために、物事をいろんな視点から捉えてみる習慣をつけましょう。

 

 

今あなたが手にしている幸せを、再確認してみましょう


健康でかわいいお子さんがいる。

穏やかでやさしい旦那さんがいる。

何でも話せる友達がいる。

心から打ち込める仕事や趣味がある。

毎日3食おいしいご飯を食べて、暖かい布団で眠れる。

 

悩みの形が人それぞれであるように、幸せの形も人それぞれ。よーく見てみたら、あなたのおうちにもちゃんと「幸せの青い鳥」がいてるでしょ?

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る