結婚詐欺にかかわる法律を教えてください。

142

結婚詐欺は「詐欺罪」の一種


俗に「アカサギ」とも呼ばれる結婚詐欺ですが、刑法にも民法にも「結婚詐欺罪」という名前の犯罪は存在せず一般的な詐欺の一種として扱われます。

詐欺罪とは「他人を欺罔(ぎもう)し錯誤に陥れさせ、財物を交付させるか又は財産上不法の利益を得ることによって成立する犯罪(刑法第246条)」とされています。

…これでは表現が難しすぎて、一般の人には何のことだかよくわかりませんね。

もうすこしわかりやすく言うと、「他人をだまして金品を巻き上げたり、不当な金銭的利益を得たりする犯罪」です。

詐欺罪が成立したら、実際に詐欺を働いた本人はもちろん、詐欺行為によって不当な利益を得た者・詐欺行為を指示した者なども10年以下の懲役に処せられます。

また、被害者は民法に基づいて詐欺または脅迫による意思表示を取り消すことが可能です。

 

 

結婚詐欺を証明するには?


結婚詐欺を証明するためには、以下の2点を立証する必要があります。

①加害者側に結婚の意志がなかったにもかかわらず、被害者と結婚の約束を交わしたこと

婚約指輪、会話内容の録音、日記、メール履歴、第三者の証言などが必要です。

②金品のやり取りがあったこと

振込みの履歴、借用書、金品をやり取りした日時・金額を記録した日記やメモ(手書きOK)などで証明することができます。

※「結婚の約束を反故にされた」「貞操を弄ばれた」などは、金品のやり取りがないので結婚詐欺にはなりません。また、プレゼントやデート代は交際費とみなされます。

 

 

詐欺罪の中でも、結婚詐欺は立証しにくい!


【具体的な証拠が残りにくい】

恋人間で金品をやり取りする時、借用書を書かせることには心理的に抵抗があるものです。

【恋愛感情を利用するので、加害者が言い逃れしやすい】

加害者が「そのときは本当に結婚するつもりだった」と証言してしまえば、一気に立証が難しくなってしまいます。

以上のことから、結婚詐欺に遭っても結局泣き寝入りしてしまうケースが非常に多いのです。

あなたの恋人がいきなり大金を要求してきたら、ひとまず冷静な第三者に相談してください!

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る