うつ病の相手と離婚。慰謝料はとれるでしょうか?

014913

うつ病の相手と離婚する場合

108
法律で認められた離婚理由として「回復の見込みがない重度の精神病」があります。

ただしこの理由で離婚が認められるにはかなりハードルが高く、「長期間治療しても回復の可能性が低いこと」「離婚後相手の生活の目処が立っていること」「これまで治療に十分協力していたこと」を証明できなければなりません。

一般的なうつ病程度ではそうそう離婚が認められることはないでしょう。

ただし、相手にうつ病を療養する意思がまったくなかったり、経済面などの問題で婚姻の継続が難しい場合は、「婚姻を継続しがたい重大な理由」にあてはまる場合があります。(後述します)

また、相手がうつ病であってもただちに家出・別居すると「扶助義務違反」や「同居義務違反」となり、慰謝料の対象となります。

 

 

うつ病の相手から暴力をふるわれる!

riyuu2
抗うつ剤の種類によっては、副作用で暴力的になることがあります。また、「うつ病」ではなく「躁うつ病」の場合、躁状態の時に暴力的になる人もいます。

配偶者からの暴力・虐待が原因で離婚する場合、その暴力が一過性のものではなく継続的に行われていることを証明できれば「婚姻を継続しがたい重大な理由」に該当します。

離婚する・しないとは別にして、相手からの暴力であなた自身や子供の身に危険が及びそうな場合は、できるだけ速やかに実家などに非難するなり各種相談窓口に駆け込むなりして対処しましょう。

また、このような場合は暴力に対する慰謝料を請求することも可能ですが、相手がうつ病を理由に仕事をしていなければ支払い能力が低いとみなされるので、実際のところはなかなか難しいようです。

 

 

本来、うつの時に重大な決断は避けるべきですが…

104
うつ病になると、一時的に正常な判断ができなくなります。

うつ病の原因にもよりますが、原則として結婚・転職・離婚など大きな環境の変化は極力避けるべきです。

ただし、うつ病という病気は本人だけでなく周囲の人間にも大きな影響をおよぼすやっかいなものです。

まずはあなた(+子供)の心身の安全を確保し、お医者さんなどに相談するべきでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る