賃金カットされた夫と離婚。慰謝料はとれますか?

51

慰謝料の請求自体は可能

32
相手が低賃金だろうと無収入だろうと、慰謝料を請求することそのものは可能です。

ただし、現状では慰謝料や養育費を満額支払ってもらえずに泣き寝入りするケースも少なくありません。

 

 

慰謝料の支払いがストップした場合は…

4
いくら離婚時に慰謝料の支払いを約束しても、その後相手が賃金カットされて経済力がなくなったり、故意に踏み倒したりした場合は思い通りに支払ってもらえなくなることもあります。

こんなときは、強制執行認諾文言つきの公正証書(あるいは調停・和解調書や判決書)が大きな効力を発揮します。

これさえあれば、わざわざ裁判をすることなく裁判所に強制執行を申し立てて、相手の財産や給料を差し押さえることができるのです。

 

 

調停離婚の場合は…

7
調停離婚の場合は、家庭裁判所に履行勧告を申し出ることができます。家庭裁判所が慰謝料の支払い状況を調査し、定められたとおりに支払うよう相手に勧告してくれます。

大体の場合は履行勧告の時点でかなり支払ってもらえるようですが、それでも支払いがない場合は家庭裁判所に履行命令の申し立てを行うことができます。

申し立ての内容に問題がないと裁判所が判断すれば、期限を定めて相手に支払いを命じます。(従わない場合は10万円以下の罰金が課せられます)

それでもダメな場合や、公正証書・和解調書・判決書がある場合は、強制執行の申し立てを行い、相手の財産を差し押さえて強制的に支払いを確保することになります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る