「性格の不一致」って…具体的にはどんなこと?

seikakunofuitti4

愛情がなくなってしまえば、いろいろな「性格の不一致」が浮き彫りに


付き合ったばかりのころや新婚のころは、「アバタもえくぼ」の言葉通り相手の短所さえも素敵にみえてしまうものです。

でも、時間の経過とともに恋愛マジックがとけてしまうと…えくぼもアバタに戻ってしまいます。

たとえば金銭感覚の違い、子供に関する問題(子供を作る時期や教育方針など)、食べ物の好み、エアコンの設定温度、夜の夫婦生活…

「みんな違ってみんないい」なんて言葉もありますが、相手との違いを受け流せなくなると「性格の不一致」となるわけですね。

ひとつひとつの違和感は小さくても、それが何年も積み重なると我慢の限界に達してしまいます。

(実際の離婚原因は別の理由でも、体面を繕うために性格の不一致を表向きの理由とすることもあります)

 

 

正反対の夫婦でもうまくいくケースは?


結婚して年数が経った後も、正反対だからこそうまくいく夫婦もいます。

・お互いをうまく補いあえる関係の夫婦(グイグイ相手をひっぱっていくタイプの夫に、リードしてもらいたい妻など)

・まったく正反対の趣味を持つが、交互にお互いの趣味に付き合ったり2人で全く新しい趣味を始めたりして楽しむ夫婦

・お互いの違いを認めて尊重しあい、必要以上に干渉しない夫婦(ただし、コミュニケーションが全くないのはダメですよ!)
つまりは、相手への思いやりと共感があるかどうかがキーポイントですね。

 

 

「性格の不一致」で離婚するなら…


調停離婚・協議離婚なら比較的簡単に離婚できますが、裁判離婚になるとそうはいきません。

性格の不一致による離婚を裁判で認めてもらう場合、「婚姻継続が困難になる重大な理由」を証明するものがなければいけません。おもな証拠として有効なのは以下のとおりです。

・一定の別居期間を証明するもの(弁護士によって必要とする期間は大きく異なります)

・性格の不一致を証明するもの(日記、メールや手紙、会話の録音など)

どちらか一方に明らかな非があるわけではなく、お互いの努力で改善の余地があるとみなされると、なかなか勝訴判決を得られないこともあります。

また、証拠として子どもの証言を使用することはできません。子どもは必ずしも中立的な証言をするとは限らないうえ、子どもの福祉にも反するとみなされるためです。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る