離婚していると、転職に不利になるのでしょうか?

プリント

仕事のスキルと離婚歴には関連性なし!

059175
近年では離婚も珍しいことではなくなり、また女性も可能な限り社会に出て働くのがよいという風潮になってきています。

離婚経験があろうとなかろうと、また男性だろうと女性だろうと有能な人が有能であることに何の変わりもありません。

ですから、これから離婚と転職を考えている方はどうか自信を持って面接に臨んでください。

 

 

わざわざ自分から言う必要はないけれど、ウソをつく必要もない

109
面接の場では、わざわざ自分から離婚歴があることを言う必要はありません。

ただし、履歴書の欄には配偶者や扶養家族の有無を記入する欄があるので、もし離婚歴があるかどうかを聞かれた場合は正直に話しましょう。

ここでウソをつくと、信用を落とすことになるだけでなく会社側が配偶者手当などの手続きをするときに困ってしまいます。

 

万が一、離婚歴のことであからさまに差別的な発言をされたりした場合は…

そのような人材がいる会社に入っても、あなたが嫌な思いをするだけです。

さっさと見切りをつけて、次の会社に行きましょう。

 

 

小さい子供がいる場合は、周囲のサポートが必要

dekikonn4
小さい子供を抱えるシングルマザーやシングルファザーの場合は、子供の預け先や急病時のサポートがあるかどうかが大きなカギになります。

面接に受かりたい一心でウソをついても、自分で自分の首を絞める結果になってしまいます。

子供のことは正直に先方に伝え、その分真摯に働きたいという意欲を見せましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る