離婚した時、パスポートの名義変更はどうなるの?

015609

氏名・本籍地が変わったら…

059175
まだ有効期限の残っているパスポートを持っているときに氏名・本籍地が変わったときは、パスポートの内容を訂正する必要があります。

パスポート訂正の際には、以下の書類が必要になります。

・一般旅券訂正申請書(パスポートセンターにあります)

・戸籍謄本もしくは抄本1通(子供など同一戸籍内の複数名が同時に訂正するときは、謄本1通でOKです)

・身分証明書(運転免許証・健康保険証・年金手帳・学生証など)

・現在有効なパスポート

 

離婚直後などにパスポートを使用するときの注意

015609
・パスポート訂正のときは、追記欄に変更後の情報を追記するだけになります。

IC情報や本人のサインはそのままなので、もしパスポートと同じサインが必要な場合はパスポートに記載された姓で書きましょう。

 

・航空券を購入するときは、かならずパスポートと同じ名前で予約しましょう。

パスポートの名前と航空券の名前が違うと、飛行機に乗ることができません。

 

・追記欄で氏名・本籍地を訂正していると、海外の出入国手続きのときに現地の窓口担当者が確認に手間取ることがあります(日本国内ならそのような心配はありません)。

筆者の経験上、最初から追記欄を開いた状態で担当者に渡すとスムーズにいくことが多いようです。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る