離婚後の住宅ローン、どうなるのでしょうか?

‰Æ‘°3

離婚とともに家を売る場合

‰Æ‘°3
不動産を売却する場合は、売却によって得た利益から残りの住宅ローンを返済します。

ローンを返済した後にお金が余れば、夫婦の財産分与の対象とします。

もし不動産を売却しても住宅ローンが残る場合は、銀行の抵当権もそのまま残ってしまいます。

これではなかなか買い手が見つからないので、銀行と話し合って返済できない分の住宅ローンを残したままで抵当権を解除してもらわなければなりません。

 

 

離婚後、夫が住み続ける場合

149
住宅ローンの契約者本人である夫がそのまま住み続ける場合、通常は「不動産の時価」-「ローン残高」=「財産分与の対象」となります。

もしこの額がマイナスになる場合は、「負の財産」として財産分与の対象になるので注意しましょう。

銀行側からみると大きな問題にはなりにくいですが、家族用に購入した不動産を夫がひとりで維持するのは大変なものです。

仮に夫が再婚することになっても、前妻との思い出が残るに住むことを再婚相手が嫌がるかもしれません。

いずれにしても、よく考えて決定しましょう。

 

 

離婚後、妻が住み続ける場合

013260
①住宅ローン名義と不動産名義を妻に移す場合

この場合、妻が単独で住宅ローンの残額を支払えるかどうか、銀行で審査を受けなければなりません。

妻が正社員・かつ返済基準を満たすほどの年収があれば可能ですが、いくら担保となる家があっても専業主婦・パートなどではかなり難しいでしょう。

②住宅ローン名義も不動産名義も夫のままで、妻が住み続ける場合

住宅ローンの返済をひきつづき夫が行う代わりに、財産分与で夫が少し多めに預貯金をもらう・養育費の支払いを少なめにするなどして調整します。

ただし、離婚を銀行に伝えると「ローンの一括返済」を求められることがあります。

離婚後に住宅ローンの返済が滞っており、かつ妻が夫の住宅ローンの連帯保証人になっていると、自宅差し押さえから転売となり、なおかつ妻にも支払い義務が生じる最悪の結果になる恐れもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る