離婚に際して、住宅ローンの残った家を売却します。

27

まずは不動産屋に査定をお願いしましょう

112
離婚によって住宅ローンの残った家を売る場合、まずは不動産屋に自宅の査定を依頼しましょう。

不動産が自宅を査定し、現在の自宅の売却価格を算出してくれます。

もしローン残高より自宅の売却価格が高ければ差額を夫婦の財産分与に充てることができますが、このようなケースはごくわずかです。

大抵の場合はローン残高より自宅の売却価格は低くなるので、差額分を補てんしてローンを完済しなければなりません。

 

 

どうしてもローンが返せない時は

‰Æ‘°3
夫婦の財産からお金を補てんしてもローンが返済できそうにないときは、家を任意売却しなければなりません。

任意売却とは、ローンの支払いが滞っているときに債務を残したままの状態で抵当権や差し押さえを解除してもらうことです。

任意売却のほかには競売という手段もありますが、最終的に家を退去するまでの精神的苦痛が大きく、また近所の人にも知られてしまうのであまりおすすめできません。

 

 

任意売却をするときの注意

43
共同名義人・連帯債務者・連帯保証人がいる場合、その全ての人から事前に承諾を得られなければ任意売却をすることはできません。

家の名義が夫・妻共有となっている場合や、妻が連帯債務者・連帯保証人になっている場合は、離婚後の返済方法についてもきちんと決めておかないと思わぬトラブルのもとになります。

夫婦だけで話し合うことが難しいときは、弁護士や任意売却の専門業者などに間に入ってもらいましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る