住宅ローンを残して離婚。財産分与はどうなる?

020215

財産分与に際して、不動産はどうする?

042780
離婚後も自宅を売却せず夫婦のどちらかが住み続ける場合…過去記事離婚後の住宅ローン、どうなるのでしょうか?でも触れているのであわせてご覧ください。

離婚と同時に自宅を売却する場合…過去記事離婚に際して、住宅ローンの残った家を売却します。で触れているのであわせてご覧ください。

 

 

家の名義が夫、かつ妻が連帯保証人になっている場合

プリント
このとき気をつけたいのが、離婚しても自動的に妻が連帯保証人でなくなるわけではないことです。

こうした契約は夫⇔妻間の契約ではなくあくまで夫⇔銀行間の契約・妻⇔銀行の契約なので、夫婦が離婚しても銀行には何の関係もないことなのです。

離婚時に妻が連帯保証人から抜けるためには、別の保証人を立てるか一定額のローンを一括返済するかして銀行に承諾をもらう必要があります。

 

ただし、すでにローンを滞納している場合は、銀行もなかなか保証人の交代を承諾してくれないことがあります。

(そんな状態で新しい保証人になってくれるような奇特な人もあまりいないでしょうし…)

そのような場合は、妻はどうやっても保証人から抜けられません。

将来離婚すると知っていて家を買う夫婦などいないので仕方ありませんが、保証人になるということはそれだけ責任の重いことなのです。

 

 

夫婦だけで問題を抱え込まず、弁護士や任意売却の専門業者に相談しましょう

120
先に挙げた典型的なケースに限らず、「家の名義は妻の親になっている」「家は夫名義、土地は妻名義」など、もっと複雑なケースをあげればキリがありません。

財産分与の中でも不動産に関する問題は特にトラブルになりやすいので、信頼できる弁護士や任意売却専門業者に相談しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る