離婚後の本籍地、どうすればいいでしょう?

110

まず、離婚すると妻の戸籍はどうなるの?

79
夫婦が離婚すると、筆頭者でないほう(たいていは妻側ですね)は夫婦の戸籍から除籍されます。

除籍された妻は、結婚前の籍(一般的には両親の籍)に戻って旧姓を名乗ることが多いです。

妻の両親がすでに他界していて戻る籍がない・事情により両親の戸籍に戻りたくないときなどは、妻自身を筆頭者とする新しい戸籍を造ることになります。

なお、新戸籍を作るときは旧姓に戻ることも結婚後の姓を名乗り続けることもできるので、働いていて姓を変えたくない女性にもおすすめの方法です。

 

 

新戸籍を作るなら、新たに本籍地を定めなくてはならない

haha3
妻自身の新しい戸籍を作るときは、本籍地を決めなくてはなりません。

離婚後の新住所を本籍地にすることがもっとも多いようですが、日本国内の住所がある土地であればどこに本籍を置いてもかまわないことになっています。

ですから、自分とは直接縁もゆかりもないような場所に本籍を置く人もいるようです。

 

 

本籍地変更に関する注意

aijounai1
前述のとおり本籍地はどこでもかまいませんので、皇居・東京タワー・ディズニーランド・富士山山頂から北方領土・沖ノ鳥島、さらには自分の好きな野球・サッカーチームの本拠地までさまざまな場所に本籍を置く人がいます。

 

ただし、転籍(本籍地を移動させること)の際は注意が必要なのでよく注意しましょう。

・戸籍を管理するのは本籍地のある市町村です。あまり現住所から遠いところや僻地に本籍地を置いてしまうと、戸籍に関する手続きが必要になったときに非常に面倒です!

・たとえば本人の死亡などで出生~死亡までのすべての戸籍が必要になると、それぞれの本籍地で除籍謄本を取り寄せることになります。ですから、転籍の回数が増えればそれだけ手間と手数料がかかります!

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る