離婚時の財産分与として、不動産を妻に与えたいのですが…

137

夫婦が共同で築き上げてきた財産は、夫婦で共有すべきもの

22
夫婦が婚姻中に築き上げてきたすべての財産は、本来夫婦で共有すべきものです。

ですから、離婚する時は夫婦のどちらか一方が不利益をこうむらないよう財産分与をしなければなりません。

家や土地などが夫名義になっていたとしても、夫ひとりのものではなく妻にもしかるべき利益を配分すべきなのです。

(もちろん夫・妻が逆でも同じことです)

 

 

離婚成立前に名義変更する場合

105
離婚成立前に不動産の名義を夫→妻へ変更する場合は、夫→妻へ不動産を贈与することになります。

財産の贈与を受けると、贈与税がかかります。この場合、不動産をもらった妻側が税を支払わなければなりません。

配偶者間で「居住用不動産」「居住用の不動産を取得するための金銭」を贈与する場合、婚姻期間が20年以上あれば合計2,110万円までは控除を受けることができます。

ただし、上記控除の有無にかかわらず不動産取得税はかかるので注意が必要です。

離婚成立後に名義変更する場合

106
離婚成立後に不動産名義を夫→妻に変更する場合は、夫のほうに譲渡所得税および住民税がかかります。

ただし、もともと生活拠点として使用していた居住用財産の場合は3,000万円控除(家を売却して利益が生じたとき、それが3,000万円以内であれば所得税が控除される制度)の対象となることが多いです。

この場合妻側には税金はかかりませんので、特別な事情がない限りは離婚成立後に財産(不動産)分与をするほうがオススメです。

※住宅ローンが残っている場合は、名義変更には金融機関の承諾が必要なので注意しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る