離婚するとき、子供の学資保険はどうなるの?

koukai4

学資保険に入っていれば安心だけど…

5
学資保険は子供のためのものですが、両親が離婚するときは学資保険も財産分与の対象になります。

多くの家庭では学資保険の契約者が父親、被保険者が子供となっており、たとえ離婚していても父親に万が一のことがあった場合は子供が給付金を受けることができます。

ただし、離婚する場合は程度の差はあれど父・母両方の生活水準が下がってしまうので、学資保険が払えなくなり解約してしまうことも少なくありません。

 

 

離婚によって自動的に契約者が変わるわけではない!

142
離婚後も学資保険を解約せず、かつ子供の親権を母親が持つことになる場合は、学資保険契約者の名義を母親名義に変更しておくことが必要です。

そうしておかないと、後になって母親が自分で保険請求・契約内容変更に関する手続きをすることができなくなってしまいます。

(母親の手元に保険証券がある場合も同様)

 

 

養育費の一部として、父親が学費保険を支払うことも

2
とはいえ、母親ひとりの経済力で子供の生活費を稼ぎ、なおかつ学資保険まで支払うのはとても大変なことです。

なので、学資保険の契約者を母親にしたうえで、父親から定期的にもらう養育費の一部を支払いにあてるケースもあります。

後々のトラブルに発展しないためにも、離婚前に夫婦間できちんと取り決めておくことが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る