そもそも、「財産分与」ってなんでしょうか?

36

財産分与とは

149
「財産分与」とは、婚姻中に夫婦が共同で形成した財産を清算して分けることです。

たとえ不動産などが夫名義となっていても実質的には妻の強力・貢献があって形成されたものとみなされますから、離婚の際はお互いの貢献度に応じて清算されます。

 

 

実際に財産分与の対象となるものは?

107

・現金・預金

・不動産(土地・建物など)および動産(車・家財道具など)

・生命保険(離婚前に満期になっている場合)

・個人事業主の財産(夫婦で自営業をしている場合)

・有価証券・投資信託

・会員権(ゴルフ場・リゾート施設など)

・退職金・年金・恩給(支給確定前に離婚になる場合は判例が分かれるので注意!)

・医師・弁護士など専門的な職業上の資格(婚姻中に配偶者の協力を得て取得したもの)

・婚姻費用(長期間別居していた場合、その間の妻の生活費は婚姻費用分担として請求可能)

・債務・ローン(夫婦が共同生活をするうえで生じた債務やローンは、マイナスの財産とみなされる)

 

 

財産分与の対象にならないものは?

kaiwanai2
・結婚前から個人で所有していた財産

・結婚前に与えられた財産

・相続財産・贈与財産

・個人で使う日用品

・法人会社の財産(例外あり)

 

※詳細については過去の判例や弁護士によって意見が分かれることがあるので、できるだけ専門家に相談しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る