離婚時の財産分与。借金がある場合はどうなるの?

108

夫婦の共同生活のために発生した債務は、財産分与の対象となる

4
住宅ローンや車のローンなど、夫婦が共同生活を営むために負担した債務(=借金)も、名義人に関係なくマイナスの財産として財産分与の対象となります。

つまり、財産分与の中に債務がある場合は原則として夫婦が連帯して支払わなければならないということです。

(例)夫には1000万の預金+共同生活のために発生した500万の債務があり、妻には預金・債務がない場合

まずは夫の預金の中から債務を返済し、残ったお金を妻と平等になるよう分けます。この場合は(1000万-500万)÷2になりますから、財産分与後は夫婦それぞれが250万ずつ持つことになります。

住宅ローンについては、過去記事住宅ローンを残して離婚。財産分与はどうなる?でも触れているのであわせてご覧ください。

 

 

債務のほうが財産より多い場合はどうなるの?

43
では、先ほどの例で夫に1500万円の債務があった場合…

この場合、預金1000万円すべてを使って債務を返済してもまだ500万円の赤字が残りますね。

夫の財産状態は赤字で財産分与が不可能となるため、妻は財産分与を受取れない代わりに残りの債務を負担する必要もありません。

(過去に同様の判例あり)

 

 

夫婦のどちらかが生活以外の目的で勝手に借金を作った場合は…

37
夫婦の共同生活以外の目的(個人の趣味など)で、夫婦のどちらかが勝手に借金を作った場合は、財産分与の対象にはなりません。

ただし、もう一方が連帯保証人になっている場合はこの限りではありません。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る