離婚後、妻が新しい戸籍を作るにはどうしたらいい?

36

離婚後の妻が新しい戸籍を作るときは…

109
夫が戸籍の筆頭者であった場合、夫婦が離婚すると夫婦の戸籍から妻が抜けることになります。

離婚後に妻が旧姓に戻る場合→結婚前の戸籍(両親の戸籍)に戻ることになります。

婚姻中の姓を離婚後も名乗り続けたい場合→離婚後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届け」を提出して新しい戸籍(妻自身が筆頭者となる戸籍)を作ることになります。

 

 

子供の戸籍はどうなるの?

26
【父親の戸籍に残る場合】

夫婦間に子供がいる場合、何もしなければ子供は戸籍から抜けずに父親の戸籍に入ったままになります。

離婚後に母親が親権を持つ場合でも、以下に紹介する手続きをしなければ母子で違う戸籍になってしまいます。

 

 

【母親の戸籍に移す場合】

子供を母親の戸籍に入れたい場合は、「子の氏の変更許可」を家庭裁判所に申し立てなければなりません。

家庭裁判所から子の氏の変更が認められれば、改めて母親の戸籍に子を入れるための入籍届けを提出します。

 
○母親が新しい戸籍を作った場合(婚姻中の姓のままの場合)

→父親と母親は見かけ上は同じ姓を名乗っていますが、戸籍が別なので別々の姓として扱われます。ですので、子供の氏が変わらなくても「子の氏の変更許可」を申し立てなければなりません。

 

○母親が自分の親の戸籍に戻った場合(旧姓に戻った場合)

→戸籍法6条により、ひとつの戸籍の中に親・子・孫が同時に入ることは認められていません。この場合は、母親が親の戸籍から抜けて新しい戸籍を作り、母親を筆頭者とする新しい戸籍に子を入れることになります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る