戸籍謄本から離婚歴を消せるって本当ですか?

15

戸籍謄本に離婚歴が記載されるしくみ

7
男女が結婚すると、夫婦のどちらか(たいていは夫)を筆頭者とした戸籍ができます。

離婚すると、筆頭者でない方の配偶者(この場合は妻)は夫婦の戸籍から除籍され、名前の上に×印がつけられます。(「バツイチ」という言葉の由来ですね)

名前そのものが消されるわけではないので、夫の戸籍を見れば「いつ、誰と結婚したか」がわかってしまうというわけです。

一方、除籍された妻はいったん親の戸籍に戻ります。結婚して親の戸籍から抜けた時に妻の名前は×で消されていますが、この「×」が消されるわけではなく戸籍の末尾にもう一度名前が追加されます。こちらの場合も、一旦結婚して戻ってきたことがひと目でわかってしまいます。

 

 

戸籍謄本から合法的に離婚歴を消すためには

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
①転籍

離婚後の住所変更時に、一旦どこか他の市町村に本籍地を移します。

新しい本籍地の戸籍簿には離婚歴が引き継がれないので、見かけ上は結婚していないことになります。

もし元の本籍地に戻したいときは、数ヵ月後にまた手続きをして戻しましょう。

②分籍(婚姻中に戸籍筆頭者でなかった場合)

離婚後一旦親の戸籍に戻ってから分籍届を出し、元の戸籍と異なる本籍地で旧姓で申請すれば、新しい戸籍に離婚歴は引き継がれません。

 

 

注意しておきたいこと

1
戸籍謄本から離婚歴を消せるのはあくまで見かけ上のことです。

転籍した場合は、転籍する前の除籍謄本を取って過去の戸籍をさかのぼっていけば、どこかに離婚歴が記載されています。

また、戸籍の附票・除附票をたどって過去の戸籍をさかのぼった場合も同じです。

さらに、離婚しても住民票がそのままの場合、「世帯全員の住民票」を請求すれば世帯から出た人に「×」がついた住民票が取れます。

※戸籍から離婚歴に関する記述を消したからといって「結婚歴が無い」とウソをつくことは詐欺罪にあたります!

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る