永住権取得後に離婚したら、どうなりますか?

015609

日本の場合は…

14
外国人が日本人と結婚した場合、結婚して3年・日本に在住して1年が経過すると永住申請をして永住権を得ることができます。

この永住権は日本人の配偶者と離婚したからといって取り消されるものではありませんし、一旦獲得してしまえば更新する必要もありません。

(そのため、日本での永住権を得る目的での偽装国際結婚が横行しているというわけですね)

※「永住権」という言葉がよく使われますが、日本の場合は厳密には「永住権」ではなく「永住者の在留資格」になりますので注意が必要です。

 

 

アメリカの場合は…

49
アメリカ国籍を持つ人と外国人が結婚してから2年以内に永住権を申請すると、取得後2年間は離婚してはいけないという条件付きで永住権を獲得できます。(例外として、DVがあった場合などは期間中の離婚も認められます)

申請後2年間が経過すると、移民局による面接ののちに正式なグリーンカード(永住権カード)を手にすることができます。

このグリーンカードは離婚したからといって剥奪されるものではありません。

ただし、結婚によって永住権を得た外国人が離婚→新しく他の外国人と結婚することになった場合は、永住権取得後5年間はその新しい配偶者のための永住権取得スポンサーになることはできません。

また、グリーンカードもビザの一種ですから、離婚で自国に戻るなどして長期間アメリカを離れていると永住の意思なしと判断されて剥奪されることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る