女性は離婚後再婚できない期間があるんですか?

8

女性の場合、離婚後6ヶ月は再婚することができない!

047043
男性の場合は、離婚後はいつでも再婚することができます。

しかし、民法733条の定めにより女性は離婚成立後6ヶ月が経過するまで再婚することができません。

この法律は決して男女差別的なものではなく、もし女性が妊娠していた場合子供の父親がわからなくなってしまうのを防ぐためなのです。

もっとも、現在ではDNA鑑定で簡単に父親を特定することができるのでこの法律は不要とする意見もあります。

 

 

女性離婚後6ヶ月経過する前に再婚できる場合

111
ただし、女性の再婚禁止期間については例外があります。

 

・離婚成立前にすでに妊娠していた場合

民法733条第2項の規定により、婚姻中に妊娠していた場合はその子供が生まれた日から再婚することが可能です。

 

・離婚した元夫ともう一度再婚する場合

もし妊娠していたとしても、その元夫の子供とみなされるためです。

 

・夫が3年以上行方不明であることを理由に裁判離婚した場合

そんな相手の子供を妊娠できるわけがありませんよね?

 

 

離婚後6ヶ月以内に子供が生まれたら…

5
原則として前夫の子と推定されるので、前夫を父親とする出生届でなければ受理してもらえません。

ただし、離婚成立後に妊娠したことが明らかな場合は、かかりつけの医師に「懐胎時期に関する証明書」を作成してもらいましょう。

この証明書を出生届に添付すれば、再婚相手を父とする嫡出子、あるいは母の嫡出でない子として提出することができます。

 

何らかの事情で「懐胎時期に関する証明書」を準備できない場合、かつ血縁上の父を法律上の父としたい場合は…

前夫を相手として「親子関係不存在確認の調停」を申し立てる、あるいは血縁上の父に認知の調停を申し立てます。

上記申し立てが裁判で認められれば、審判内容通りの戸籍を作ることができます。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る