「離婚後300日問題」ってなんのことですか?

8

離婚後300日以内に生まれた子は…

47
過去記事女性は離婚後再婚できない期間があるんですか?もあわせてご覧ください。

「離婚後300日問題」とは…民法第772条の定めにより離婚後300日が経過していない女性が出産した場合(本当の父親が誰であるかに関係なく)法的には元夫の子と推定されてしまうこと、もしくはそのために引き起こされるさまざまな問題のことを意味します。

本来は離婚後に生まれた子供の戸籍上の父がいなくなることで起こる不都合を未然に防ぐための措置ですが、実際にはこの措置によっていろいろな問題が引き起こされることがあるのです。

この法律は明治29年から続いているものなので、DNA鑑定が可能になった現代にはそぐわないとする意見も多くあります。

 

 

離婚後300日問題が原因で、こんなことが起こる!

ninnsinn2
・元夫と異なる男性との子供を妊娠し、かつその男性と再婚する場合(=再婚相手の男性に、名実ともに「子供の父親」としての立場を受け入れる意思がある場合)でも、自動的に元夫の子として推定されてしまう。

・何らかの事情で元夫の子と推定されることを避けたい場合、戸籍上の手続きができずに子供が無戸籍児になってしまう。

・元夫自身に嫡出否認を行ってもらえば元夫を戸籍上の父親にしないことも可能だが、元夫と連絡が取れない・取りたくない場合や、元夫が嫡出否認を行ってくれない場合も無戸籍児となることがある。

・離婚後300日問題にまつわる認知調停について、裁判所によって対応が異なり混乱を生じるケースがある。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る