離婚のプロセスについて、教えてください。

028481

一番多いのは「協議離婚」

30
離婚するまえに、夫婦間で以下のことをしっかり話し合っておかなければなりません。

・財産分与

・慰謝料(夫婦のどちらかに離婚原因がある場合)

・子供に関すること(親権・養育費・面接交渉権・離婚後の戸籍)

 

一般的な離婚は、当事者のみの話し合いによる合意のうえで離婚届を提出する「協議離婚」です。

平成20年現在では、国内で離婚するすべての夫婦の85%が協議離婚となっています。

 

 

協議離婚が成立しなければ、「調停離婚」

43
当事者間の話し合いで決着がつかず、家庭裁判所の調停手続きによって調停を成立させるのが「調停離婚」です。

離婚をする者(夫婦のどちらか)が申し立てをすることで、調停が開始されます。

一般市民から選ばれた男女1名ずつの調停委員が夫婦の間に入り、双方の言い分を聞いて解決に導きます。

調停委員は法律のプロではなく一般人ですから、調停を有利に進めるためには調停委員の共感を得ることも大切です。

一般的に、調停開始~解決には数ヶ月から一年弱くらい掛かります。

 

 

調停離婚でもダメなら…

147
調停離婚でも決着がつかなかった場合は、離婚しようとする者が裁判を起こして確定判決を得る「裁判離婚」になります。

裁判離婚の場合、調停からさらに約一年(場合によってはそれ以上)の期間が必要になります。

日本においては「調停前置主義」を採用しているので、どれだけ話し合いがこじれていても協議離婚からいきなり裁判離婚になることはありません。

もし裁判離婚の判決が出る前に和解できた場合は「和解離婚」となります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る