離婚が成立する条件にはどんなものがありますか?

49

離婚が成立する条件とは?

45
夫婦は、なんの理由もなしに離婚することはできません。

離婚が成立するためには、以下の条件が成立することが必要です。

 

・配偶者に不貞な行為があったとき

夫婦の一方が、自らの意思で配偶者以外の異性と複数回にわたる性交渉を持った場合です。

 

・配偶者から悪意で遺棄されたとき

相互扶助・同居などの夫婦間の義務を故意に果たさない場合です。(勝手に家を出て長期間帰らない、生活費を渡さない、家事・育児放棄など)

・配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

3年以上にわたり配偶者からの連絡が途絶え、生死がわからない場合です。この場合は協議離婚や調停離婚ができないので、いきなり裁判離婚を請求することができます。

 

・配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき

夫婦生活に必要な役割分担・強力が十分に果たせないほど重度な精神病の場合です。

「治療が長期間にわたる」

「離婚を請求する側の配偶者がこれまで誠実に療養・生活の面倒をみてきたこと」

「離婚後に誰が看病するか・費用を出すかについて具体的に決まっている」ことを証明することが必要になります。

 

・その他婚姻を継続しがたい重大な理由があるとき

上記の理由以外に夫婦生活の継続は難しい理由があるとき、離婚の原因として認められることがあります。

 

 

「その他婚姻を継続しがたい重大な理由」とは?

040625
夫婦の離婚原因が「重大な理由」にあてはまるかどうかは非常に難しいこともありますが、おもなものは以下の通りです。

・精神的・肉体的DV

・性格の不一致

・勤労意欲の欠如、浪費など

・犯罪による服役(長期間の懲役、複数回にわたる犯罪など)

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る