離婚時に慰謝料が発生するのはどんなとき?

018293

慰謝料のやりとりが発生する場合

107
夫婦のどちらか一方にあきらかな非がある場合は、慰謝料が発生します。

・夫婦一方の不貞行為

・肉体的・精神的DV

・夫婦相互協力の義務を果たさない(家にお金を入れない、家事・育児放棄など)

※慰謝料請求の時効は離婚成立から3年以内です。

 

 

慰謝料のやりとりが発生しない場合

102
どちらか一方だけに責任を問えない場合は、慰謝料は発生しません。

・性格の不一致

・有責責任の行為が双方にあり、有責の程度が同じくらい

・事実上の夫婦関係破綻後の不貞行為

・家族との不和が原因となる離婚

 

 

慰謝料の相場は?

2
有責度の大きさや相手の支払い能力・今後の生活に必要な金額などによって大きく異なりますが、たとえば不貞行為が原因の場合は100-300万円くらいがだいたいの相場です。

浮気関係のカテゴリで何度も触れていますが、確実に慰謝料をもらうためにはそれだけ強力な証拠をそろえることが必要になります。

(探偵や調査会社による調査結果報告書、証拠写真、音声の録音、会話のメモなど)

これらをそろえるには100%自力だけでは難しいことも多いので、無理せずプロの力を借りることをオススメします。

 

株式会社MRが気になったあなたは、コチラからどうぞ↓

[調査力+カウンセリング]で安心の探偵社 株式会社MR 東京を中心に事業展開していますが、全国での調査が可能です。

※リンクは記事作成時のものです。予告なく内容などが変更になる可能性があるのでご了承ください。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る