DVで離婚するときの心構えなどを教えてください。

100

DVを証明するために

118
DVを理由に離婚するためには、DVがあったことを第三者が判断するための証拠が必要になります。

・ケガをした部位の写真

・医師による診断書

・会話・暴言の録音

・散乱した部屋の様子(写真)

・第三者(知人など)による証明書

・脅迫状・脅迫メール

・日記など

 

 

離婚時の財産を証明するために

‚Ó‚½‚Î
夫婦の財産を証明すれば、財産分与・慰謝料・養育費などをもらいやすくなります。

・収入を証明できるもの

・通帳残高のコピー

・不動産の登記簿謄本・評価額がわかるものなど

・株、有価証券など(証券会社の顧客講座勘定元帳の写し)

・厚生年金の番号

・高価な資産の領収書(貴金属など)

・生命保険の解約返戻金 など

 

 

一番大切なものは、あなたと子供の命

dekikonn3
いろいろと必要なものがあるように見えますが、DVの場合は一刻を争う事態になることもあります。

あなたや子供の命に危険が迫っている場合は、とりあえずの身分証明書、現金、携帯電話、子供の身の回りの品などを持ってすぐに逃げましょう。

(お金に関するものは離婚後に請求できるものも多いので、くれぐれも無理をしないように!)

また、DVの場合は相手とまともに話し合うことが難しいので調停・裁判離婚になる可能性が高いです。

調停の場合は相手と顔を合わせる必要がありませんから、落ち着いて調停委員に自分の現状を伝えましょう。

配偶者からの暴力被害者支援情報(内閣府)

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る