「離婚調停」ってどういうものでしょうか?

015425

離婚調停をするとき

146
「離婚調停」とは、家庭裁判所で行われる「夫婦関係調整調停」というもののことです。

夫婦が離婚するとき、財産分与・慰謝料・子供の親権や養育費などについての話し合いでどうしても決着がつかない場合に行うのが離婚調停です。

離婚調停では男女1名ずつの調停委員に間に入ってもらい、話し合いを進めます。

調停で離婚が成立すれば、財産分与・慰謝料などについて記された調停調書が作成されます。

調停調書には法的効力があるので、もし支払いが滞った場合も強制的に差し押さえることが可能です。

 

 

離婚調停の流れ

morahara3
離婚調停をするときは、まず夫婦の住所地(別居している場合は相手の住所地)管轄の家庭裁判所に申し立てを行います。

申し立てが受理されると、裁判所から夫婦双方に調停期日呼び出し状が郵送されます。

当日は、夫婦それぞれと調停委員が面談を行い、夫婦生活・子供のこと・これまでの経緯についてくわしく聞きます。(原則として夫婦同席はありません)

このような調停を何回か行い、双方の条件の刷り合わせや調停委員からの説得などによって最終的な解決を図ります。

 

 

離婚調停を有利に進めるために

112
調停委員は一般市民から選ばれた「ごく普通の人」であり、法律の専門家ではありません。

調停委員は中立の立場をとりますが、やはり見た目や態度などは重要です。

調停委員からの心象を少しでも良くするために、清潔で好感が持てる服装、礼儀正しく冷静な態度を心がけましょう。

とはいえ、調停の場ではついつい感情的になってしまう可能性もあります。

調停委員に自分の状況をきちんと伝えられるよう、あらかじめ自分の言いたいことや希望条件を書面にまとめておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る