離婚協議書ってどうやって作ればいいんでしょう?

067107

そもそも、離婚協議書って何?

21-‚Ó‚­‚낤
離婚する時、夫婦の財産分与や子供の養育費・親権などさまざまなことを取り決めなくてはなりません。

一時の感情にまかせて勢いで離婚してしまったり、面倒だからと言って口約束だけで適当に決めてしまったりすると、後々のトラブルの元になってしまいます。

これらのことを未然に防ぐために、しっかりした書面として残しておくものが「離婚協議書」なのです。

 

 

離婚協議書に書くべきおもな内容

047827
・いつ、誰が離婚届を提出するか(旧姓ではなく婚姻中の姓で記入する)

・財産分与(婚姻中に築いた財産を公平に清算するもの)

・婚姻費用分担金(共同生活において資産・収入・社会的地位などを考慮して算出する過去・将来分の生活費)

・慰謝料の金額

・未成年の子供の親権者

・未成年もしくは学生の子供の養育費支払い(具体的な支払い方法および支払期間)

・子供との面会(具体的な面会方法と頻度)

 

 

作成時の注意点

040625
離婚協議書を作成する時に忘れてはならないのが、きちんとした公正証書の形式をとることです。

公正証書にしておけば、たとえば養育費の支払いがストップした時なども裁判等の面倒な手続きなしで強制的に相手に支払わせることができます。

公正証書役場で手続きをすれば当事者だけでも公正証書を作成することはできますが、法律に関する知識が足りないために後で思わぬ問題が発生する可能性もあります。

ちょっとお金は掛かりますが、弁護士や行政書士などに依頼して作成してもらうのがより確実です。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る