離婚調停前置主義ってどういうことですか?

045455

離婚調停前置主義とは…

112
離婚調停前置主義とは、「離婚裁判をする前に必ず離婚調停をしなければならない」という制度のことです。

すなわち、離婚調停を行い、なおかつ調停が不成立に終わった後でなければ離婚裁判を申し立てることができないというわけです。

 

 

どうして離婚調停を先に行わなければならないの?

062805
基本的に、日本の裁判所は「家庭内の揉め事はできるだけ家庭内の話し合いで済ませるほうが良い」という考えを持っています。

なかでも離婚問題は特にデリケートですから、いきなり裁判を起こすのではなくまずは調停(話し合い)をすべきというわけです。

裁判の前に調停で離婚を成立させることができればその分精神的・経済的損失も少なくてすみますし、再婚相手や周囲の人から受けるマイナスイメージも少なくてすみます。

(戸籍に「裁判離婚」と記載されていると、離婚時に相当モメたことが再婚相手にもわかってしまいますよね)

稀に、離婚そのものを調停で成立させたのちに財産分与・慰謝料等の問題を裁判で争うケースもあります。

 

 

もし、やたらと裁判を起こさせようとする弁護士がいたら

000004
離婚の話し合いがうまくいかず調停を行う場合、普通は裁判に持ち込む前の段階で問題を解決してしまいたいところですよね。

でも、弁護士の中には調停をさっさと終わらせて(=不成立にして)裁判に持ち込むことをすすめたがる弁護士がいるそうです。

彼らの目的はもちろん、問題を長引かせて依頼者からより多くのお金を取ること。

運悪くこのような弁護士に当たってしまった場合は、もっと信頼できる別の弁護士を探すことをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る