離婚予定。行政書士に依頼する場合、費用はどのくらい?

067377

より確実な書類を作るなら、行政書士への依頼をおすすめします

067129
離婚に際して取り決めた内容は、きちんとした書面に残しておかないと後々トラブルの元になってしまいます。

そこで離婚協議書や離婚公正証書を作ることになりますが、内容に不備があるとせっかく作った書類も適切な効力を発揮してくれません。

公証役場で手続きをすれば当事者が自分で公正証書を作ることもできますが、やはりプロの行政書士や弁護士に作成を依頼するほうがよいでしょう。

 

 

1回の依頼でおおむね15万円前後

043155
一般的な行政書士の場合、1案件の依頼でだいたい15万円前後になることが多いようです。

行政書士によって若干差はありますが、おもな費用の内訳は以下の通りです。

・相談費用(無料相談を行っているところも多いです)

・離婚協議書の作成

・公正証書作成(文案のみもOK)

・離婚条件決定のサポート

・各種契約書・誓約書・内容証明書代筆 ・離婚に伴う諸手続きの代行

 

 

行政書士に依頼するのはこんなとき

50
以下のような場合、行政書士に依頼するのが適しています。

・裁判まで持ち込まず、できるだけ穏便に解決したい。

・夫婦間の決め事をきちんとした書類にすることが可能である。

依頼者の代理として直接相手方と交渉してほしいときは、弁護士に依頼しなければなりません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る