離婚したいのですが、弁護士費用はどのくらいになりますか?

061496

弁護士費用の平均額は…

2
離婚調停に際して弁護士に依頼した場合の費用は、全国平均でおよそ60万円となります。

地域によっても差があり、東京や大阪などの大都市部では約65-75万円と高めに、地方ではやや安くなる傾向があります。

 

 

具体的な内訳は?

000004
弁護士への報酬基準はおおむね以下の通りです。

依頼者が得る経済的利益額が300万円以下→着手金8%(約24万円以下)、成功報酬16%(約48万円以下)

依頼者が得る経済的利益額が300万-3,000万円以下→着手金5%+9万円(約159万円以下)、成功報酬10%+18万円(約318万円以下)

・着手金の最低額は10万円となります。

・事件の内容によっては、30%までの増額もしくは減額が認められることがあります。

・上記金額のほか、交通費や印紙代などの実費が別途必要になります。

 

 

遠方の裁判所に出向く場合、どこの弁護士に依頼すればいい?

49
遠方にいる相手の地元で調停や裁判を行う場合、どこの弁護士に依頼すればいいか悩むところですよね。

このような場合、基本的には依頼者の地元にいる弁護士を選ぶことをおすすめします。(依頼者が地方に住んでおり良い弁護士が近くにいない場合などはこの限りではありません)

それは、「実際に裁判所に出向く回数」にくらべて「依頼者と弁護士が実際に会って打ち合わせをする回数」のほうがずっと多いからです。

また、平成25年からは「電話会議による調停」が新しく認められるようになったので、調停の申立時に裁判所に希望を出してみましょう。

ただし、電話会議による調停が認められた場合でも、離婚成立期日当日は実際に管轄の裁判所へ行く必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る