離婚希望ですが、夫がどうしても別れてくれません。

062805

中立的な立場の第三者に間に入ってもらう

047651
離婚問題がこじれるとき、一方は離婚したいけれど、もう一方がどうしても離婚を受け入れようとしないケースは少なくありません。

2人だけで話し合ってもずっと意見が平行線のままの時は、第三者に間に入ってもらいましょう。

とりなしをお願いする相手について、親戚・友人・知人などは基本的にオススメしません。

どちらかに感情移入してしまってよけいに話がややこしくなる可能性が高いためです。

離婚カウンセラーや弁護士など、私情を挟むことなく公正に双方の話を聞いてくれる相手にお願いしましょう。

 

 

一時的に別居して、お互いに頭を冷やしてみる

067126
それでもダメなら、一時的に別居して冷却期間をおいてみましょう。

冷静に考えることでどちらかの考えが変わるかもしれませんし、別居期間が長ければそれ自体が離婚理由(事実上の夫婦生活の破綻)となる可能性もあります。

別居を開始するにあたって、相手の了解なしに一方的に家出したり、別居中の相手の生活費を渡さなかったりすると「悪意の遺棄」にあたるので注意が必要です。

他にも、別居後すぐに他の異性と関係を持った場合なども有責とされる可能性が高くなります。

 

 

それでもダメなら調停を申し立てる

018293
一時的な別居や第三者を交えての話し合いをしても解決できない場合は、家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行いましょう。

申し立て後約1ヵ月後に最初の調停があり、その後1~2ヶ月ごとに話し合いの場が設けられます。

調停では相手と直接話し合うのではなく調停委員が間に入ってくれるので、当事者だけでは話し合いにならなかった場合や暴力をふるわれる恐れがある場合でも安心して進めることができます。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る