何が何でも絶対に離婚に応じない人の心理って?

104

現在の日常生活や子供を手放したくない

4
離婚すれば、当然ですが生活は一変します。

離婚を切り出す側にとっても、安定した日常生活を手放すのは勇気がいるもの。ましてや、ある日突然離婚を切り出されたならなおさらです。

また、「子供にはかわいそうな思いをさせたくない」「離婚後の手続きがめんどくさい」という理由で離婚を拒絶することも。

 

 

経済的問題のため

2
専業主婦・パートで稼ぎがないor少ない女性の場合、本心では離婚を望んでいても今後の経済的不安のために離婚をためらうケースが非常に多いです。

子供がいないならまだしも、小さな子供を抱えた女性がひとりで生きていくにはまだまだ障害が多いもの。

いっぽう、昔と違って現代では必ずしも男性ひとりの稼ぎで家を支えられるとは限らず、離婚によって夫側の経済的ダメージのほうがより大きくなることも珍しくありません。

また、あきらかに有責であっても慰謝料を払いたくないために話し合いに応じない人もいますし、一方が子供を引き取ろうとしている場合は養育費の支払いを心配した他方が離婚を拒むことも…。

 

 

自分自身の保身や意地のため

43
離婚がポピュラーになった現代ですが、それでも離婚した人に対して何らかのマイナスイメージがつきまとうものです。

離婚することで親戚や会社、近所への体面を保てなくなることを恐れているのです。

また、「私を捨てて自分だけが幸せになるなんて許せない」「絶対に自分には非がないのだから、離婚に応じる必要はない」という意地のために婚姻関係にしがみつくことも。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る