離婚をなんとしても回避する方法を教えてください。

100

すぐに返事をせず、とにかく少し待ってもらえるようお願いする

101
ある日突然パートナーから離婚を切り出されたら、ほとんどの人は冷静ではいられなくなるでしょう。

頭の中が真っ白になってしまうのも無理はありませんが、相手の勢いに負けてすぐに離婚届にサインしてしまうことはぜったいにやめてください。

いまの相手はある程度離婚の意思が固まっているのですから、ここであなたが感情的に取り乱してもかえって逆効果です。

できるだけ冷静になって、とにかく少し待ってくれるようお願いしましょう。

 

 

いったん返事を先延ばしにしたあとは

067464
パートナーからしばらく時間をもらうことができたら、関係の修復に向けて行動します。

離婚を突きつけられた原因がわかっていれば、冷静に話し合って問題解決のために努力しましょう。

どんな原因であれ、往々にして夫婦のすれ違いはコミュニケーション不足によって起こることが多いものです。

まずは相手の気持ちを受け入れたうえで、いままで以上に密接・丁寧に、かつ相手を尊重したコミュニケーションをこころがけましょう。

相手を責める・自分の気持ちばかりを押し付ける・実家に帰ってしまった相手に一方的に大量のメールを送り付ける等の行為は逆効果です。

 

 

相手から調停の申し立てがあったら

042780
離婚に応じたくないからと調停の呼び出しに応じなかった場合、場合によっては相手側が提出した証拠に基づいて判決が出ることもあります。気が重いかもしれませんが、呼び出しにはきちんと応じましょう。

調停の場では、夫婦それぞれに1名ずつの調停委員がついてくれます。

まずは好感の持てる服装や態度で調停委員への心象を良くしたうえで、相手を大切に思っていること、自分の至らない点を改善しようとしていることを伝えましょう。

もちろん弁護士に依頼するのも良いですが、弁護士は「法律のプロ」であり「復縁のプロ」ではないことは覚えて置いてください。

また、「離婚したら子供に会わせない」「生活費を渡さない」などの発言は脅迫ととられることもあるので控えましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る