離婚するときの大まかな流れを教えてください。(前編)

nagare4

離婚する前に決めておくべきこと


感情のままに勢いで離婚してしまうと、後で必ず公開します。離婚の意思が固まったら、必ず以下の内容について取り決めておきましょう。

・慰謝料…どちらか一方にあきらかに非がある場合(浮気、暴力など)、慰謝料の取り決めが必要です。

・財産分与…夫婦の財産を公平に分配し、双方の離婚後の生活を保証するための取り決めが必要です。

・子供の親権…未成年の子供がいる場合、必ずどちらかが親権をもつことになります。現代日本では母親が親権者になることが多いですが、親権者と実際の養育者が別になるケースもあります。

これらの事項を決定したら、弁護士・行政書士に頼んで執行文言つきの公正証書を作成してもらいましょう。相手が慰謝料や養育費を支払わなかったとき、相手の給料を強制的に差し押さえることができます。

 

 

離婚の方法について ①協議離婚


夫婦間の話し合いだけで取り決める離婚のことです。離婚届に夫婦が必要事項を記入し、夫婦と2人の承認が署名・押印した離婚届を市区町村役場に提出します。

未成年の子供がいる場合は、親権者をどちらかに定めない限り離婚届を受理してもらうことはできません。(離婚届に記入欄があります)

離婚届が受理されてしまえば、簡単に協議離婚が成立してしまいます。離婚に対して迷いがあるとき、一方が勝手に離婚届を記入して提出してしまう恐れがあるときは、離婚不受理届を出しておくと安心です。
(相手の合意なしに離婚届を勝手に作成・提出することは犯罪です!)
なお、協議離婚においては夫婦の合意さえあれば理由は何でもかまいません。

 

 

離婚の方法について ②裁判上の離婚


夫婦のどちらかが離婚に応じない場合・財産分与や慰謝料などの条件について合意が得られない場合は、裁判上での離婚となります。

裁判上の離婚については、次の記事でくわしく解説します。

離婚するときの大まかな流れを教えてください。(後編)へ…

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る