離婚したいけれど、子供のために我慢すべき?

kodomogamann4

①生活に大きな支障を及ぼす原因がある場合


・あなたや子供に対する夫からの肉体的・精神的DVがある場合

・家計の大部分を稼いでいるにもかかわらず、夫が家にお金を入れてくれない(経済的DV)

・夫が複数回にわたって多額の借金をしたり、貸金業者から悪質な嫌がらせを受けている場合 etc.

いつ命にかかわる事件が起こるかわからない、もしくは近い未来にほぼ確実に家計が破綻する危険が大きい場合は、できれば離婚されることをおすすめします。

とはいえ、すぐに離婚するのはなかなか難しいことです。とりあえず実家に帰るなどして一旦距離をおき、離婚に向けて準備をすすめましょう。

 

 

②日常生活に直接的な支障はないけれど、精神的に負担が大きい原因がある場合


・夫の浮気

・性格の不一致

・夫親族とのトラブル etc.

すぐに経済面で破綻する可能性は少ないですが、大きな精神的負担を抱えた生活を長期間続けると子供にも悪影響を及ぼす可能性が大きいです。

また、夫婦仲がこじれて夫が家に帰らなくなり、家計にお金を入れてもらえなくなって①に移行する可能性もあります。

万が一のことを考えて、あなたもできるだけお金を貯めたり手に職をつけたりしておくことをおすすめします。

愛の無い家庭生活はとかくストレスがたまるものですが、「あなたのために離婚をガマンした」などと子供に言うことだけはやめましょう。

 

 

よく考えて、あなた自身と子供のために最良の選択を


いまや結婚したカップルの3組に1組が離婚すると言われていますが、子供を抱えての離婚はまだまだ大変なことが多いものです。

でも、一番大切にすべきことはあなた自身と大切な子供の幸せです。

困ったときは両親・友人・各種無料相談窓口などに相談にのってもらいながら、最良の選択をしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る