不妊症がわかった私は、子供をほしがる夫と離婚すべき?

funinn4

不妊にまつわる問題が増えている


「不妊」とは、子供を希望する夫婦がごく普通の夫婦生活を2年以上送っても妊娠が成立しない状態を指します。

晩婚化や夫婦共働きの増加により妊娠出産にまつわる問題が増加し、今や7組に1組の夫婦が不妊(あるいは不育症)に関する問題を抱えていると言われています。

1人目の子供を問題なく出産できても、2人目以降を妊娠しにくい「2人目不妊」のケースもあります。

不妊に悩むのはなにも女性ばかりではなく、男性側に原因がある「男性不妊」も広く知られるようになりました。

 

 

不妊治療によるストレスで夫婦仲が悪くなることも


不妊治療はとかく大変なものです。不妊そのものだけでなく、不妊治療中に被るいろいろなストレスのために夫婦仲が悪化してしまうこともあります。

・不妊治療にお金がかかり、家計を圧迫する

・「子供はまだ?」など、周囲からのプレッシャーがある

・妻側にかかる身体的負担が大きく、体調を崩すことも…

・通院のために妻が頻繁に仕事を休まなければならない(+不妊治療をしていることを会社に言いづらい)、場合によっては退職せざるを得ない

・夫婦の一方が治療に消極的なケースも

・不妊治療で100%妊娠できるとは限らないので、なかなか治療結果が出ず精神的に疲れてしまう

 

 

子供のいない人生もまた良いものです


子供を持たないという選択にも、大きなメリットがあります。

子供のために時間やお金を費やす必要がないので、夫婦で好きなだけ仕事や趣味に没頭できることです。子供のかわりに、かわいいペットと一緒に暮らすのもいいかもしれません。

それでもどうしても子供をあきらめきれない、というときは…

パートナーのことが好きで結婚したのか、それとも子供が欲しくて結婚したのか、お互いにもう一度じっくり考えたうえで結論を出しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る