妊娠中の離婚。子どもの戸籍はどうなりますか?

20

子どもの戸籍はどうなる?

5
離婚届が受理された日から300日以内に子どもが生まれた場合、自動的に親権は母親が持ち、子どもの戸籍は父親側に入ることになります。
もし子どもを母親の戸籍に入れたい場合は、出生届を市町村役場に提出すると同時に「子の氏の変更許可申請書」を家庭裁判所に提出します。

(※離婚後に元夫の姓を名乗り続ける場合でも提出しなければなりません)

 

申請が受理されたら、あらためて子どもを母親の籍に入れるための入籍届を市町村役場に提出します。

 

離婚届が受理された日から300日を過ぎた後に子どもが生まれた場合、非嫡出子として母親の戸籍に入ります。もちろん、親権も自動的に母親が持つことになります。

 

 

子どもの父親が別れた夫ではない場合は?

43
生物学的な父親が誰であれ、離婚後300日以内に子どもが生まれた場合は自動的に夫の子と推定されて夫の戸籍に入ります。

夫側がこれを不服とする場合は、子どもの出生を知ってから1年以内であれば家庭裁判所に「嫡出否認の訴え」を申し立てることができます。(妻側からの申し立てはできません)

また、夫の海外出張中・受刑中に妻が妊娠した等客観的に見て夫の子どもではないことが明らかな場合は、家庭裁判所に「親子関係不存在確認の訴え」を申し立てることができます。

こちらは嫡出否認の訴えと異なりいつでも申し立てることが可能、かつ申立人は夫・妻・子ども・その他直接の利害関係を有する第三者となります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る