夫の浮気が原因で、うつになってしまいました…

utu4

まずはお医者さんに相談し、うつに対処する


旦那様の浮気が原因でうつ病…つらいですよね。

うつ病になると、無気力・涙もろくなる・物事が決められないなど精神的な症状だけでなく、頭痛・不眠など身体的な症状が現れることもあります。

「もしかしてうつ病?」と思ったら、まずは心療内科に行ってお医者さんに相談しましょう。

診断書で浮気が原因でうつ病になったことを証明できれば、旦那様と浮気相手から慰謝料をもらうことも可能です。

旦那様と今後やり直すにしろ離婚するにしろ、まずはあなたの病気をきちんと治すことが大切です。

 

 

ひとりで抱え込まないで、信頼できる人に相談する


うつ病になりやすいのは、真面目・几帳面・他人に気を遣う人だと言われています。

こういう人は「自分ひとりが我慢すればみんな平和に過ごせる」と考えがちですが、心のつらさをひとりで抱え込まずに両親や友人など信頼できる第三者に味方になってもらいましょう。

身近な人に話しづらいという場合は、お住まいの地域の無料相談窓口や電話相談サービスなどを利用するのもよいでしょう。

 

 

うつ病の時に大きな決定をするのは難しいので、どうしてもつらい場合はまず別居してみる


うつ病になると「認知のゆがみ」が起こると言われています。

たとえば、「夫が浮気した!もう離婚するしかない」「夫が浮気したのは、自分が魅力のない妻だからだ」…といったふうに、うつ病特有の考え方になってしまうのです。

このような時にいきなり離婚などの大きな決定をすると、後々になって後悔することにもなりかねません。

浮気した夫とひとつ屋根の下で過ごすことがどうしても辛ければ、まずは少し実家に帰ってみるなどしてしばらくクールダウンしてみましょう。

もちろん、その間にきちんと薬を飲む・休養をとるなどしてうつ病を治す努力が必要です。

うつの症状がある程度落ち着き、自分がどうしたいかもう一度ゆっくり考えてから行動を起こすようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る