夫が浮気相手を妊娠させたようです。

ninnsinn4

夫の浮気相手が妊娠! 慰謝料はどうなる?


今回のテーマは、「浮気相手の妊娠」。夫の浮気に対する精神的苦痛はもちろん、法的な手続きなど、ややこしい問題も絡んできます。

ここでは、おもに法律上の手続きについて説明していきます。

妊娠した子供を産むかどうかは浮気相手の自由となり、妊娠させた夫や妻が中絶を強要することはできません。

ただし、子供を産む・産まないに関係なく、あなたから夫と浮気相手の両方に対して慰謝料を請求することができます。(出産・育児により浮気相手が働けなくなる=支払い能力なしとみなされ、浮気相手への請求が却下されることもあります)

夫が既婚者であることを浮気相手が知らなかったと立証できる場合は、浮気相手から夫に対して慰謝料を請求することができます。

浮気相手側からは、夫に対して子供の認知・養育費を請求することが認められています。

 

 

夫が浮気相手の子供を認知したら…


夫が浮気相手の子供を認知すると法律上で父子関係が発生し、子供は以下のような権利を得ます。

・親には未成年の子供を扶養する義務があるので、養育費を請求できる。(浮気相手が死亡or子供を育てられない状況になり、かつ子供が親族に引き取られなかった場合は、父親である夫が子供を引き取る)

・夫が死亡したときなどに、相続権が発生する。(非嫡出子となるので、実質的な権利は嫡出子の半分)

・夫の姓を名乗ることが可能になる。

なお、夫が浮気相手の子供を認知する際は妻の同意などは必要ありません。

 

 

浮気相手が「産まない」選択をしたら…


浮気相手が産まない選択をした場合、認知や養育費の代わりに中絶に関する費用が発生します。

この費用は、原則的に浮気相手と妊娠させた夫が折半します。(=浮気相手側から、夫に対して中絶費用の半額を請求することが可能)

中絶手術には本人と妊娠させた相手の同意が必要となるので、中絶によって浮気相手が受けた精神的苦痛への慰謝料を請求することはできません。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る