事実婚の夫が浮気。慰謝料をもらえる?

jijitukonn4

事実婚(内縁関係)と法律婚との違いは?


ライフスタイルの多様化に伴い、さまざまな事情で籍を入れないまま事実上の夫婦生活を行うことを「事実婚」と呼びます。

かつては「内縁」とも呼ばれてどこかネガティブなイメージもありましたが、現在では自由な選択肢のひとつとして好意的にとらえられるようになってきました。

【事実婚(内縁関係)と通常の法律婚、法的な違いは?】

事実上の夫婦関係を一定期間以上営む事実婚(内縁関係)は「婚姻に準ずる関係」とみなされ、貞操の義務・扶養義務・財産分与などに関しては通常の法律婚とほぼ同等の権利・義務が発生します。

 

 

事実婚のパートナーが浮気!慰謝料はどうなる?


結論から言うと、法律婚同様に事実婚のカップルでも浮気したパートナーとその浮気相手に慰謝料を請求することが可能です。

ただし、その際は事実婚関係を証明できるかどうかがキーポイントになります。

場合によっては、浮気した側が「ただの同棲関係で事実婚ではない」と言い張る可能性もあります。

(いくら長期間一緒に暮らしていても、ただの同棲であれば慰謝料を請求することはできません)

 

 

事実婚であることを証明するには?


・事実婚夫婦として住民票の届出をしていれば、続柄欄は「夫(未届)/妻(未届)」となる

・夫婦のどちらかがもう一方を扶養していれば、健康保険証などから確認可能

・公共料金の領収書などで、家計を共にしていることを証明する

・夫婦連名の郵便物があるか(結婚式の招待状、選挙はがきなど)

・その他…結婚式を挙げた、ウエディングフォトを撮った、「あの2人は夫婦同然の生活をしている」という第三者の証言など

 

事実婚であっても、万が一のトラブルを未然に防ぐためにあらかじめ公正証書を作成しておくことをオススメします。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る