ダブル不倫の場合、どちらの責任の方が重いの?

wfurinn4

ダブル不倫の場合の慰謝料請求権は?


ダブル不倫の場合、被害者・加害者がそれぞれ2人いることになります。

したがって、原則的に慰謝料請求権は上の図のとおりになります。

様々な事情を考慮してそれぞれの支払額が決まるので、より支払額が大きい者が差額を払うことになったり、話し合いにより慰謝料の支払いをしない取り決めを交わすこともあります。

 

 

ダブル不倫の場合、慰謝料の額はどのように決められる?


ただし、相手の支払い能力・不倫が始まる前の夫婦関係・精神的苦痛の大きさなどさまざまな要因によって慰謝料の支払いの有無や金額が変わってきますし、お互いに支払いをしないという選択肢もあります。

では、ダブル不倫の慰謝料の相場についてくわしく見てみましょう。

・ダブル不倫後も婚姻関係を継続する場合より、ダブル不倫によって夫婦関係が破綻・別居・離婚する場合の方が重い責任を負います。

・ダブル不倫が始まる前にすでに夫婦関係が破綻していれば、当事者の責任は軽減されます。

・より積極的に不倫を行っていた方が責任が重くなります。職場の上司・部下の不倫の場合、主導可能な立場にある上司の方が責任が重くなります。

・不倫の期間が長いほど責任が重くなります。

・不倫相手と同棲していれば、より責任が重大になります。

 

 

ダブル不倫に対する慰謝料請求時の注意点


・パートナーのダブル不倫が原因で離婚する場合

不倫したパートナーはあなたと浮気相手の配偶者に対してそれぞれ慰謝料支払い義務が発生しますが、離婚するのであればあなたに金銭的な負担はかかりません。

ただし、夫婦間に未成年の子供がおり、かつ離婚後はあなたが引き取る場合は少し注意が必要です。

あなたと浮気相手の配偶者に多額の慰謝料を払ったパートナーが経済的に困窮し、養育費の支払いが滞る恐れがあります。

 

・パートナーのダブル不倫発覚後も離婚しない場合

一般的な家庭では、結婚後の夫婦の財産が明確に分けられていないことが多いです。

その場合、相手の配偶者への慰謝料支払いには夫婦の共有財産を使うことになります。

つまり、被害者であるあなたも損害を被ることになるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る