他人に見られたくないメールをカモフラージュする方法とは?

133

他人にみられたくないメールをカモフラージュする方法 ①サブアドレスを使用する


パートナーに勝手に携帯やパソコンの中身を見られたくなければ、パスワードを設定してロックしておく…というのが常識?ですね。

でも、すでにパートナーにパスワードを知られてしまった場合や、面と向かって「解除して!」と迫られることを想定した場合、もうワンランク上のセキュリティ対策が必要になります。

他人に見られたくないメールのやり取りには、ふだんメインで使用しているアドレスのほかにサブアドレスを取得することをおすすめします。

フリーメールならいつでも無料で取得できるので、気軽に試すことができますね。

このときに忘れてはいけないのが、そのつどSafariからログインすることです。

いちいちIDとパスワードを入力しなければならないので手間はかかりますが、メールから浮気がバレて修羅場になるよりはずっと良いです。

 

 

他人に見られたくないメールをカモフラージュする方法 ②オートコンプリート機能をオフにする


上の項で紹介した方法をとるとき、もう一つ気をつけたいことがあります。

それは、オートコンプリート機能をオフにしておくことです。

自動でIDやパスワードが入力されるので便利なオートコンプリート機能ですが、もしパートナーにサブアドレスのログイン画面を見つけられてしまったらそこでオシマイです!

 

 

いちばんいいのは、見られて困るようなやりとりの痕跡をしっかり消すこと


浮気相手との甘~いやりとりはついつい残しておきたくなるものですが、いちばん良いのはしっかり履歴を削除することです。

その際、相手からもらったメールだけでなく自分が送ったメールの履歴もしっかり消しておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る