浮気したときに払う慰謝料の相場はどのくらいですか?

138

浮気の慰謝料の相場、一般人の場合は…


芸能人夫婦の場合、浮気・不倫が原因で離婚するときに数千万単位の慰謝料のやりとりが行われることがあります。

でも、これはあくまで例外中の例外のケース。

ごく一般的な夫婦のどちらかが浮気・不倫した場合、浮気した本人への請求額は平均300万円、浮気相手への請求額は平均150万円前後になるといわれています。

(財産分与も同時に行う場合は、総額が1000万を越えることもあります)

 

 

実際のところは、いろいろな要素による変動が大きい

36
上記で紹介した例はさまざまなケースの平均額にすぎず、実際はいろいろな要素によって慰謝料の金額は大きく変動します。

・慰謝料を請求される側の支払い能力  

慰謝料請求額に対する判決そのものは相手の支払い能力に関わらず認められますが、請求される側が専業主婦やパート、あるいは会社を辞めるなどして支払い能力がない場合は実際に慰謝料を取ることが難しくなります。

 

・婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど請求額が高くなるのが一般的です。

 

・浮気前の夫婦関係

浮気が行われる前にすでに婚姻関係が破綻していたことが証明されれば、慰謝料請求が認められないor請求額が低くなることがあります。

 

・強力な証拠の有無

近年では状況証拠のみで不貞行為が認められるケースもありますが、やはり物的証拠が多ければ多いほど請求額が上がりやすくなります。

 

慰謝料の支払いは、あくまで相手からの請求があった場合のみ行うもの。

「浮気した相手とはもう一切関わりあいになりたくない」「あきらかに支払い能力がないから請求するだけムダ」として最初から慰謝料を請求しないケースも多いです。

 

 

せっかく慰謝料をとっても…

43
無事浮気した夫と浮気相手から慰謝料を取ったけれど、弁護士や探偵・興信所への支払いで結局プラスマイナスゼロに…

これだけならまだしも、下手をするとかえって赤字になることも珍しくありません。

また、裁判がなかなか思うように進まなかったり弁護士とトラブルになってしまったりして、金銭面だけでなく精神的ダメージも大きくなることも。

浮気をされるのは悲しいことですが、実際に慰謝料を請求しようとするときはよくよく考えてから行動を起こすようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る