浮気相手からも慰謝料をとることができるのでしょうか?

8

近年、浮気相手にも慰謝料を請求するのが一般的になってきている

42
パートナーの不貞行為によって離婚に至る場合、浮気したパートナー本人だけでなくその浮気相手にも慰謝料を請求することができます。

後述する一部の例外をのぞき、その不貞行為がどちらから仕掛けられたものか・あるいはどちらからともなく自然発生的に起こったものかなどの事情が金額に関係することはありません。

金額の相場などについては、過去記事浮気したときに払う慰謝料の相場はどのくらいですか?をごらんください。

 

浮気相手への慰謝料請求が難しいケース

7
以下のような場合は、浮気相手から慰謝料をとることは難しいので注意しましょう。

 

・浮気相手があなたのパートナーを既婚者だと知らずに関係を持っていたこと場合

実際に不貞行為に至る前にあなたのパートナーが独身だと偽っていた場合はあなたが浮気相手に慰謝料を請求することはできず、逆に浮気相手からあなたのパートナーに対して慰謝料を請求することが可能です。

ただし、ふつうに注意していれば容易に既婚者であることがわかる場合(結婚指輪の有無・会話の内容・第三者の証言などから判断できる場合)はこれにあてはまりません。

 

・あなたのパートナーが浮気相手に「すでに夫婦関係が破綻している」と事前に説明していた場合

あなたのパートナーから浮気相手に対して「妻とは別居中」「離婚を前提に話し合いを進めている途中」などの具体的な説明+物的証拠(書きかけの離婚届など)を示した場合、夫婦関係がすでに破綻していると浮気相手が認識していた、つまり浮気相手の故意・過失にはあたらないとされ、浮気相手への慰謝料請求が認められないことがあります。

(「最近妻が冷たい」などとボヤく程度ではダメです)

 

・あなたのパートナーが浮気相手を脅迫したり、暴力をふるったりして無理やり関係を持った場合

この場合も浮気相手の故意・過失にはあたらず、逆に浮気相手があなたのパートナーに対して慰謝料を請求することが可能になります。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る