浮気調査に盗聴器。夫婦間といえど、違法になりますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パートナーの浮気調査目的での盗聴器設置は?

50
弁護士によって見解が分かれるので難しいところですが、基本的に自身の家庭内であれば盗聴器の設置そのものは違法にならないとする意見が多いようです。

もっとも、盗聴器をとりつけるために他人の家などに侵入すると「住居不法侵入罪」、盗聴した内容を第三者に漏洩すると「電波法違反」、盗聴によって得た情報で他人を脅迫すれば「恐喝罪」など、盗聴にかかわる法律はたくさんあります。

また、家庭内であっても電話回線に盗聴器をつけて通話内容を傍受(盗み聞き)することは「優先電気通信法」違反となります。

 

 

そもそも、盗聴器を売買することに違法性はないの?

141
いまの日本の法律では、盗聴器を販売・購入することそのものは犯罪になりません。

販売時には「盗聴器」ではなく「発信器」などと呼ばれることも多く、微弱電波を発信する送信機という名目になっています。

 

 

浮気調査目的であっても、盗聴器の使用はあまりオススメしません

MR2
盗聴行為自体は即犯罪になるわけではありませんが、状況しだいでいろいろな法律に抵触してしまう危険な行為です。最悪の場合逆にあなたが相手から訴えられてしまう可能性も考えられます。

このようなリスクを避けるには、最初からプロに浮気調査を依頼することをおすすめします。

株式会社MRが気になったあなたは、コチラからどうぞ↓

[調査力+カウンセリング]で安心の探偵社 株式会社MR 東京を中心に事業展開していますが、全国での調査が可能です。

※リンクは記事作成時のものです。予告なく内容などが変更になる可能性があるのでご了承ください。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る