配偶者でなくても浮気調査対象になりますか?

127

浮気調査が可能なケース

158
自身の配偶者だけでなく、以下のような場合でも浮気調査依頼が可能です。

・息子・娘の配偶者(=婿・嫁)の浮気調査

・兄弟の配偶者の浮気調査

・親の浮気調査

・婚約者の浮気調査

・内縁の夫(妻)の浮気調査 ・恋人の浮気調査

 

 

配偶者以外の方が浮気調査を依頼するときの注意

39
・原則として、ほとんどの調査会社では未成年の方からの依頼は受け付けていません。未成年の方が親の浮気調査などを希望される場合は、もう一方の親や祖父母などに事情を話して依頼してもらいましょう。

 

・恋人の浮気調査をすることは可能ですが、原則として婚姻・婚約・内縁関係にない相手の浮気に対して慰謝料を請求できる可能性は低いのであらかじめご了承ください。

 

・第三者が調査対象者(=浮気している本人)のパートナーに何の相談もないまま調査を依頼すると思わぬトラブルの元になる可能性がありますので、あらかじめ当事者の方とよく話し合った上で依頼されることをおすすめします。

 

・個人情報保護・犯罪防止などの観点から、よほどの事情がない限り依頼者と直接婚姻・血縁・内縁・交際関係にない相手(ex.友人の配偶者など)の浮気調査依頼は難しくなります。

あなたの大切な親友などが悩んでいる場合は、本人を説得して相談に付き添ってあげるとよいでしょう。

 

 

あなたの大切な人がひとりで悩んでいたら…

42
大切な人が悩みを抱えているのは、自分のことのようにつらいものです。

信頼のおける調査会社ならばもちろん大きな力になってくれますが、味方はひとりでも多いほうがよいものです。

あなたもぜひ、大切な人に力を貸してあげてください。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る