浮気の示談書ってなんですか?どうやって書くのですか?

seikakunofuitti3

示談書とは…

nagare1
示談書とは、話し合いによって解決したことを記録し、問題が解決した後のトラブルを未然に防ぐための書類のことです。

「示談書」「和解書」「契約書」などいろいろなタイトルで作成されますが、いずれも内容はほぼ同じものです。

内容はケースバイケースですが、おおむね以下のような項目を入れます。

 

・事実関係

→実際に浮気行為があった期間、当事者の名前、具体的な損害の内容などを記載します。

 

・慰謝料額・支払い方法

 

・浮気した当事者同士が今後の関わりを絶つ約束(婚姻関係を解消しない場合)

→一切の関わりを絶つのが不可能な場合は、「職務上必要な場合を除く」などの旨を記載します。
・債権債務の不存在条項

→この示談書に記載した内容以外に、互いに何かを請求する権利・支払う義務がないことを示す項目です。

 

・強制執行認諾約款つき公正証書作成の合意 ※公証役場で作成してもらいます

→「示談書=強制執行認諾約款つき公正証書(慰謝料の支払いが滞った場合、強制的に給与差し押さえなどの措置をとることに合意する証書)」としておけば、慰謝料の支払いが滞ったときに訴訟などの手続きをパスしていきなり給与差し押さえなどの措置をとることが可能になります。

 

・諸費用(公正証書作成費用、慰謝料の振り込み手数料など)を誰が負担するか

→有責側(浮気した側+浮気相手)が支払うことが多いです。

 

 

示談書は自分で作成できるの?

morahara3
結論から言えば、一般の人でも示談書を作成することは可能です。

ただし一般の人が作った示談書には無効な記載(脅迫等の公序良俗に反する記載、あやふやな意味の記載など)が多いので、トラブル防止の目的で作った示談書がトラブルの原因になることもあります。

余計な手間を省くためにも、弁護士や行政書士に示談書の作成をお願いしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る