浮気への慰謝料請求は、いつが時効になるの?

2

原則として、被害者が浮気を知った時点から3年以内

118
慰謝料請求の起源は、原則として「被害者(浮気された側)およびその法定代理人が損害および加害者を知った時から3年間」です。

この期間に慰謝料を請求しないときは、時効によって請求権は消滅します。

被害者がパートナーの浮気を知っていた/知らなかったにかかわらず、実際に浮気行為をした時点から20年を経過した時点でも時効によって請求権は消滅します。

また、判決として慰謝料の支払いが確定した場合はその時点から10年の時効となります。

 

 

こんなときは、慰謝料請求できるの?

29
・浮気相手の名前や住所がわからないとき

浮気相手の名前や住所がわからないということは、事実上慰謝料請求ができない状態ということです。

このような場合は、被害者が浮気相手の名前・住所を知った時点が慰謝料請求権の起点となります。

もちろん、あなたのパートナーに慰謝料を請求することは可能です。

 

・浮気したあなたのパートナーが既婚者であることを、浮気相手が知らなかったとき

ふつうに接していれば既婚者とわかる状態(結婚指輪の有無、周囲の人の証言など)ではなく、かつあなたのパートナーが独身だとウソをついて浮気相手と付き合っていた場合は、浮気相手も被害者とみなされるのであなたから浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

この場合も、あなたのパートナーに慰謝料を請求することは可能です。
・不貞行為があった時点ですでに夫婦関係が破綻していたとき

不貞行為開始時にすでに夫婦関係が破綻していた場合はそもそも不貞行為に該当しないので、慰謝料を請求することができません。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る