浮気の慰謝料。相場はどのくらいでしょうか?

36

浮気したパートナーに対しては…

37
浮気された妻(夫)→浮気した夫(妻)本人に慰謝料を請求するケースです。

婚姻期間・相手の支払い能力・実際の浮気行為以前の夫婦関係などによって大きく変わってきますが、おおむね100-500万円くらいになります。

芸能人夫婦による数千万円単位の慰謝料のやりとりが報道されることもありますが、よほどのことがない限り一般人夫婦の間でここまで高額になることはまずありません。

 

 

パートナーの浮気相手に対しては…

1
浮気された妻(夫)→夫(妻)の浮気相手に慰謝料を請求するケースです。

こちらもケースバイケースなので一概には言えませんが、パートナー本人への請求額よりやや少なめで約300万円以下くらいになることが多いです。

パートナー本人から慰謝料をもらえる場合は、その分を考慮して減額される可能性もあります。

 

 

自分の恋人(既婚者)に対して…

6
浮気の当事者間で慰謝料をやりとりするケースです。

婚姻関係にある夫婦に比べて認められる事例は少ないですが、たとえば暴力や脅迫によって性行為を強要されたり、相手が独身だとウソをついていたりしたときには請求できる可能性があります。

上記のケースに当てはまらず、自分の恋人が最初から既婚者と知っていた・もしくは既婚者であることを途中で知った場合は自らの意思で不貞行為に加担したことになりますから、「妻と別れて君と結婚したいと言われたのに、その約束を破られて精神的苦痛を負った」「既婚の恋人との間に子供ができ、中絶せざるを得なかった」という場合は、原則として慰謝料請求は認められません。

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る