探偵業法ってなんですか?届出さえ出していれば安心ですか?

052159

そもそも探偵業法ってなに?

040625
探偵業法が制定される前の日本には、調査業を帰省する法律がありませんでした。

そのため、盗聴など違法な手段による調査、調査対象者の秘密を利用した恐喝事件、依頼者と業者の間の契約内容をめぐるトラブルなどが多発していました。

こうした事態を解決するため、「探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資すること」を目的として平成18年に探偵業法が制定され、平成19年から施行されました。(警視庁HPより)

 

 

探偵業法に対するおもな義務

000004
・名義貸しの禁止(届出をした探偵業者が、自己の名義で他人に探偵業を営業させてはいけない)

・書面の交付を受ける義務(依頼者が調査結果を違法行為に用いないという誓約書の交付を受けなければならない)

・契約内容に関する書面の交付(契約前に、契約内容に関する書類を依頼者に交付・説明しなければならない)

・探偵業務の実施に関する規制(調査結果が違法行為に用いられることを知った場合、その調査にかかわる探偵業務をしてはいけない)

・秘密保持義務(業務上で知りえた秘密を、正当な理由なく第三者に明かしてはいけない。探偵業務に従事しなくなった後も同様)

・従業員などに対する教育・従業員名簿の備付

・探偵業届出証明書の掲示(都道府県公安委員会から交付された探偵業届出証明書を、営業所内の見やすい場所に掲示しなければならない)

 

 

届出さえしていれば絶対安全?

21-‚Ó‚­‚낤
公安委員会への届出がされている業者であれば、ホームページなどに必ずその旨が記載されています。

でも、だからといって届出さえしていれば100%安全かつ有能な業者であるとは言い切れません。

リスクを少なくしたいなら、国家公安委員会公認の「社団法人 日本調査業協会」にも加盟している調査会社がおすすめです。

日本調査業協会に加盟しているということは国家に認められた業者であるということになりますし、また万が一トラブルになっても協会に助けを求めることができます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

浮気調査 電話受付中【無料】


女性スタッフが【24時間】夜中や早朝でも電話対応。
誰にも言えない悩みで苦しまないで
相談は無料でのでご安心ください。
ページ上部へ戻る